● ブライダルモデルは「背中も顔」のつもりで抜かりないケアを

● ブライダルでは顔より背中を見られる時間が長い!? ブライダルモデルの美しさはインナーから ブライダルモデルならではのケアすべきボディパーツの一つが背中です。
ウェディングドレスの多くは背中が大きく空いたデザインであり、背中のケアをおろそかにすればドレスの魅力も大きく損なわれてしまうでしょう。
本物の結婚式では花嫁は招待客と向きあう時間よりも、背中を向けている時間のほうが長く、顔よりも背中をじっくりと見られてしまうものです。
ブライダルモデルは実際の結婚式の模範となるべき存在ですから、バックショットの撮影ももちろんあります。
ブライダルモデルを目指すなら、ウェディングドレスにふさわしい背中を維持しましょう。

● 美しい背中の条件 ブライダルインナーはドレスに合わせて 背中のケアでまず気を付けたいのがニキビなどの肌トラブルです。
背中は自分では確認できないボディパーツであり、油断するとシミやニキビになっていることもあります。
また、日焼けの跡がくっきりついている背中は美しいとは言い難いため、特に夏季は日焼けに気を付けましょう。
また、背中の脂肪も厄介です。
肩甲骨周りの脂肪もスッキリさせることができれば、美しい天使の羽が浮き出てより美しくなります。
ただし、痩せすぎてしまうと女性らしさが欠けた骨ばった背中になりかねないため、脂肪を落とすことに重点を置くのではなく、あくまでも背中のラインをきれいにする意識が大切です。
肩こりやむくみなどが原因で背中が大きくなってしまっているケースも多いため、無理なダイエットに挑む前にまず、肩こりをほぐしたり代謝を上げてむくみ難い体作りをしたりすることから始めましょう。
ブライダルモデルの背中の美しさは、単に肌の綺麗さだけを指しているものでない点にも注意が必要です。
なめらかで美しい肌であることは最低条件であり、それ以上に姿勢の美しさやプロとしての気品、存在感などを見せつけられる背中を意識しましょう。