● ブライダルモデルに必要な日焼け対策

●ウェディングドレスが似合う肌とは ウェディングドレスが似合う肌とは

ブライダルモデルをする上で、日焼けは厳禁です。
モデルの仕事は、洋服や靴を魅力的に着こなし、ブランドイメージを伝える被写体となります。
企業のイメージを高めるのも、商品の宣伝をするのもモデルの大切な役割です。
モデルとなり、見た人に興味を持ってもらえたら、とてもやりがいがあるでしょう。
ブライダルモデルは、幸せな花嫁を演出して、純白なウェディングドレスでの撮影が多いため、日焼けして赤くなった肌や、水着の日焼け跡が残った肌では、ウェディングドレスを魅力的に着こなすことができません。
ウェディングの魅力を伝えるための撮影において、肌の美しさは重要な要素です。
ブライダルモデルに必要な日焼け対策を知り、いつでもウェディングドレスを着こなせるような美肌を保持するように心がけましょう。

●自己管理もブライダルモデルの仕事 自己管理もブライダルモデルの仕事

ウェディングドレスはデコルテが見えるデザインや、腕がでるデザインが多いので、ブライダルモデルは日々の日焼け対策が必須です。
日常的に日焼け止めを使用するのは当然ですが、こまめに塗り直しをして効果を持続させることが大切です。
ブライダルモデルでは部分的なアップの撮影もあるので、忘れやすい首や耳の裏なども忘れないようにしましょう。
また、曇りの日でも、紫外線は晴れの日と変わらないくらいの量があるので油断できません。
気がついたら日焼けをしてしまっていることがあるため、日焼け止めを塗る以外にも、帽子やストール、日傘などを利用して紫外線カットをします。
ビタミンCには・シミの予防や改善、美白やコラーゲンの生成補助の効果があります。
ビタミンCは体内には決まった量しか保持できないため、こまめに補給することが大切です。
日常的な日焼け対策と、内側からの美白対策も行うことで、より美白効果が期待できます。
食事や身体のケアなどの体調管理や日焼け対策などの自己管理も、ブライダルモデルの大切な仕事です。