● ブライダルモデルに求められる立ち振舞いとは

●ブライダルモデルの立ち振舞いは写真に写る 和装の基本姿勢

ブライダルモデルは、結婚式や披露宴、式場の広告写真やカタログの撮影モデルです。
ブライダルモデルの仕事は、衣装店やホテル、結婚式場など、契約をして指示されたドレスを着用し、撮影や、結婚式場が開催するブライダルイベントにドレスを着用するなどが挙げられます。
そのため、写真映りが良いことはもちろんですが、立ち振る舞いも重要です。
写真写りが良く、美しい立ち振る舞いができるブライダルモデルは、様々な場面で活躍することができるでしょう。
ブライダルモデルに求められる立ち振る舞いは、笑顔で優雅に振る舞うことです。
美しい立ち振る舞いは、ブライダルレッスンやトレーニングを受け、身につけます。
ドレス姿が美しい姿勢や、ブーケの持ち方、ウォーキング、写真の写り方、椅子の座り方、立ち上がり方などをブライダルレッスンやトレーニングで身につけましょう。

●美しい立ち振る舞いはレッスンやトレーニングで身につける 美しい立ち振る舞いはレッスンやトレーニングで身につける

ドレスの姿勢は、ドレスの形によって姿勢が異なります。
ブライダルモデルに必要な美しい立ち振る舞いを身につけるレッスンやトレーニングは、ドレスが美しく見える基本姿勢から始まります。
基本ができていなければ、笑顔が美しくても優雅に見えません。
普段、着用する機会が少ないドレスは、慣れないと動きにくいと感じるでしょう。
ドレスに慣れるところから始めます。
ドレスのタイプによって、美しく見える姿勢や角度が異なるため、ドレスを実際に着用し美しく見えるポイントを探しましょう。
また、ドレスは歩きにくいため、ウォーキングの練習も必要です。
ドレスの裾を踏んでしまったときの対処法なども、何か合った時のために見につけておきましょう。
綺麗なお辞儀も美しい立ち振る舞いのポイントです。
どこから見ても綺麗で、美しいお辞儀を練習する必要があります。
ドレスを着用して、座り方や立ち上がり方には、お腹に力を入れなければいけないため、腹筋が必要になります。
綺麗な姿勢をキープできるように、お腹を鍛えましょう。
他にも、階段の上り下りや、ターンの仕方などのトレーニングが必要です。
皆が憧れる理想のブライダルモデルの立ち振舞いを、レッスンやトレーニングで身につけましょう。